闇金は普通の消費者金融に擬態をしています。上手く騙して、普通の消費者金融だと思い込ませて、顧客を増やしているのです。そのため、間違って闇金から借り入れをしてしまう人も存在します。もし借りた後に闇金だとわかったらどうすればいいのでしょうか。

闇金だとわかったらすぐに対応を

闇金対策で大切なのが、できるだけ早い段階で対応をすることです。闇金だけれども借りたのは自分だから、といって無理に返済をする必要はありません。闇金の借り入れを返済していても、利息がどんどん増えていき到底返済できないほどの借り入れ金額となってしまうでしょう。多くの人は、借り入れ金額の大幅な増加、違法な利息で闇金だとわかります。もちろんそれ以外にも不信感を抱いて闇金だとわかる場合もあるでしょう。恐喝まがいの取立てをされて始めて闇金だと気付く場合もあります。

相手は闇金なので遠慮をすることはありません。違法行為でお金を貸し出している企業です。借りたのは自分自身ですが、騙した闇金側が圧倒的に悪いのです。そして、いつまでも闇金と関わっていると法外な借金を背負わされてしまいます。闇金かもしれないと思ったらできるだけ早めに対応をしましょう。

闇金の相談は弁護士に

闇金だと思ったら、まず相談をしたいのが弁護士です。 警察に相談、と思う人もいるかもしれませんが、警察はなかなか動いてくれない場合も多いのです。特にまだ大幅な被害にあっていない場合、怖い取立てをされていない場合は警察が動いてくれない可能性があります。 その反面弁護士は、費用は掛かりますが闇金対策を万全にしてくれます。最近は闇金専門の弁護士や、闇金問題に詳しい弁護士も増えているので相談もしやすいでしょう。

闇金かもしれない、という疑い程度であれば、弁護士の無料相談もおすすめします。弁護士の無料相談は時間制限があったり詳しくは相談には乗ってくれませんが、実際に弁護士に相談をしたらどのようなことをしてくれるか、本当に闇金かどうかの判断などをしてくれるはずです。そのためまずは無料相談をしましょう。

実際に弁護士に闇金対策をするとなると多少のお金はかかります。しかしいつまでも闇金に借金を返済していると、弁護士費用の何十倍、何百倍ものお金を取られてしまう可能性があるのです。 お金を借りた側の立場は弱いですが、闇金は違法行為です。できるだけ毅然とした態度で挑み、早い段階で解決するように行動をしましょう。